顎が長い・しゃくれの人のメイク方法

顎が長い・しゃくれの人のメイク方法サイトバナー

シェーディングはおでこと顎だけ

しゃくれ・顎が長いのを目立たなくするメイク方法、次はシェーディングです。

シェーディングはしゃくれ・顎が長いのを目立たなくするために重要なポイント!
しっかりといらない部分を削っていきましょう♪

まずシェーディングを入れる位置はおでこ(髪の生え際)と顎下のみです!

輪郭を削るなら頬にもシェーディングを入れたほうがいいのでは?と思いがちですが、顎が長い人は顔も細めな人が多いので頬にシェーディングを入れると、やつれる&よけいに長く見えるという最悪の展開に…。

なので絶対に避けましょう!

おでこのシェーディングは髪の生え際からおでこに向かって、あまり濃くしすぎると不自然なのでブラシに一度取ったぶんのみでぼかしていきましょう。
(物足りないかな?と思って、粉を付け足ししていくと境目がくっきりとして不自然になります…)

顎のシェーディングは普通にブラシで入れていきますが、ポイントとしては顎下から上に向かってぼかすこと!
顎の長さを削りたいからといって、顎下に向かってシェーディングを入れてしまうと境目くっきりで、逆に目立ってしまいます…。

おでこと顎のシェーディングの入れ方は、このようになります。

顎の長さを目立たなくするシェーディング

顎は両サイドを削ってから、最後に正面にシェーディングを入れていくとしっかり顎の長さを目立たなくできます!

シェーディングはぼかしが大事なので、自然に輪郭を削っていきましょう♪

シェーディングの選び方ですが、濃すぎないベージュ系であれば基本的になんでもOKです♪

それよりもシェーディングを入れるときのブラシのほうが重要!

付属のブラシだとどうしても仕上がりが濃くなってしまうので不自然…。
別売りのサイズが大きめのブラシを使うようにしましょう!

シェーディングブラシはいい物を探すとけっこう値段が張るので、安めで何本かセットになったブラシセットを一つ持っておくと便利ですよ☆